ホーム > お知らせ > 下館営業所勉強会~詐欺にあわない為に~

お知らせ

下館営業所勉強会~詐欺にあわない為に~

2019.11.20ブログ下館事業所 / 居宅介護支援

皆さんこんにちは、下館営業所です。
今回は、先日行われた勉強会の様子をお伝えします。

 

昨今、様々な手口で被害者が後を絶たない詐欺事件。
普段サービスをご利用いただいている方の中には
高齢者夫婦世帯の方や独居の方もいらっしゃいます。

 

ご家族様と同居をされていても、
日中独居となってしまう方もいらっしゃいますよね。
もし、サービスで訪問中にそんな場面に出くわしてしまったら?
ご利用者様やそのご家族が被害者とならないよう、
私達にできることは何かないのか?

 

そういった気持ちから、筑西警察署 生活安全課の
高倉さんに来ていただき、詐欺にあわない為の心得や
対処法を教えていただきました。

 

近年、特に多いのはキャッシュカードを預かるといった詐欺で
電子マネーを使っての詐欺も急増しています。
特に電子マネーは犯人が捕まることはほぼないそうです。
詐欺師から「俺だよ」と電話がかかってきた時は
まずは「誰?」と相手に名乗らせ対処します。
仮に自分の息子と名前が一致したとしても、
生年月日や趣味も聞き出すことで
本当に息子本人かどうかを見極めましょう。
決して自分から息子の名前を出してはいけません。

 

警察や市役所職員から、電話でお金の話をすることはなく
お金の話をする電話は100%詐欺の電話です。
又、ニセ電話の犯人を捕まえましたという電話をすることも
決してないそうです。

 

もし、警察を装って詐欺師が自宅に来た場合は、
警察手帳を見せて貰うようにしましょう。
警察手帳の偽物と本物の簡単な見分け方として
本物の警察手帳には徽章に 所属している警察署名が
刻印されており、写真部分は傾けると反射するしくみに
なっています。
これは偽物では再現することができない造りになっている為、
この2つが確認できれば本物で間違いないそうですが
それでも不安な時は相手の名前と所属部署を聞き
警察に直接問い合わせると良いとのことです。

 

いつ自分が詐欺の対象になるかはわかりません。
他人事だと思っていたら、ある日いきなり被害者となってしまっていた
なんてことになりかねないということを、
常に念頭に置いておかなければいけません。

 

介護サービスを受けている方は講義を聴きに行くことが
できない方がほとんどで、警察側からなかなか注意喚起を
することが難しいのが現状です。
年々手口は巧妙化し、認知症の方の被害も増加傾向にあることから、
訪問の際に私達が率先して注意喚起をし、対処法を伝えていくことで
利用者様の中から被害者が出ないようにしていきたいです。

ウエルガーデンみずほ台 介護付有料老人ホーム

ウエルガーデン白岡 サービス付高齢者向け住宅

ウエルシアホールディングス株式会社

ウエルシア薬局株式会社

ウエルシアドットコム

お掃除サービス

訪問入浴 空き状況

常陽小学生新聞

PAGE TOP